事業内容

新バーレックス工営株式会社の事業内容です。防水工事を中心に、外壁改修工事、塗装工事など、常に時代のニーズに対応しております。経営理念企業概要も合わせてご覧下さい。

防水工事

防水工事とは主に鉄筋コンクリート構造物の屋上などに防水層(膜)を形成する工事です。建物劣化の原因となる水の浸入を防ぐことで、建物の強度や資産価値低下を防ぐ効果があります。
防水工事にはいくつかの種類があり、現在の防水層や施工箇所によって施工法を選択します。
また、新バーレックス工営では雨漏り補修も行なっております。プロの目で原因を特定し、最善の対応策をご提案いたします。

アスファルト防水
アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを重ねて防水層を形成し、その上にコンクリートなどで押さえます。
耐久性が高いのが特徴ですが、施工時に煙や臭いが発生するため、近隣に対し配慮が必要です。
対応策としてアスファルトに合成ゴムなどを混ぜて低温での柔軟性を高めた材料を使用する改質アスファルト防水もあります。
ウレタン塗膜防水
ウレタン防水材を塗布することで防水層を形成する工法です。下地形状への追従性が高いので、複雑な形状でもシームレスな防水層の形成が可能です。速乾性の素材なので、工期短縮が可能です。
シート防水
合成ゴムや塩ビで作られた防水シートを接着剤で下地に貼り付ける工法です。施工性・意匠性に優れ、手軽に出来る防水施工です。施工後すぐに軽歩行が可能なので、集合廊下やエントランスなど、長時間の立ち入り制限が困難な箇所に適しています。

外壁改修・塗装工事

外壁は雨・風・日光などの影響を直接受けるので屋上と並んで劣化の早い箇所ですので、定期的な調査や診断が欠かせません。
外壁が劣化してくると見た目に良くないだけでなく、雨漏りやタイルやコンクリート破片剥落などの原因にもなります。第三者に危害や損害を加えてしまった場合、建物の持主は管理責任を問われます。
壁の劣化状態を診断して、高圧樹脂注入・クラック補修・吹き付け塗装など、必要な補修を行うことで、建物の安全性と資産価値を保ちます。

事例紹介

屋上


  • 施工前

  • 施工後

ベランダ・バルコニー


  • 施工前

  • 施工後

外壁(塗装)


  • 施工前

  • 施工後
  • 新バーレックス工営のタイル外壁改修工事

事業内容

  • アスファルト防水工事
  • アスファルトシングル葺き工事
  • 改質アストーチ工法防水工事
  • ゴムアス常温防水工事
  • ウレタンゴム系塗膜防水工事
  • 塩化ビニル系シート防水工事
  • 合成ゴム系シート防水工事
  • FRP防水工事
  • 外壁吹付防水塗装工事
  • 外壁エポキシ樹脂注入工事
  • 伸縮目地材取付工事
  • コーピング取付工事
  • 各種シーリング工事
  • リフォーム関連工事(塗装、左官、内装)
  • 各種防水関連工事

Copyright (c) 2011 Barrex Co.Ltd. All Rights Reserved.